ご利用ガイド

キーワード検索
カテゴリー
カテゴリー一覧
初めての方へ
体験版ダウンロード
ご利用ガイド
よくあるお問い合わせ
お支払い方法について
決済方法はクレジットカード
クレジットカードのお引き落としは1回払いのみなのでご注意ください。ご利用になれるカード会社はVISA 、MASTER 、JCB 、アメリカン・エキスプレスです。
AMIダウンロードでソフトを販売したいメーカー様はこちら
アルク英語学習ソフト
エアポート シミュレータ 【オーバーランド】
ホェア・エンジェルズ・クライ 【オーバーランド】
ファーミング シミュレーター 2009
スタジオギウ2012
リズソフト ゲーム特集
FREEJIA4
FREEJIA III 【DCC】
やりこみ系・同人サークル犬と猫
至極の3D麻雀 ボーナスパック 【イーフォルダ】
システムソフト・アルファー特集
イータイピング
m&Mホビースタジオ
メディアナビ 製品一覧ページ
トップ > ユーティリティ > 抹消・復元
ディスク完全消去ツール「ピーマンPRO」 V.4.5.0 【キララ21】

パソコンを廃棄する前に、必ずディスク完全消去。機密情報を外部に漏らしません。

  • 販売価格:\5,378(税込)
  • ファイルサイズ:310,929
  • 販売元:キララ21
>>メーカーサイト
ダウンロード購入

新しいページ 1
「ピーマンPRO」の概要
廃棄されたコンピュータから、機密情報が漏れる・・・

昨今問題となっているこの問題は、ディスクの内容を消さずに廃棄するため発生します。たとえ、ファイルを消去しても、フォーマットしても、データは完全に消え去るわけではありません。 「ピーマン」は、ディスクの内容を完全に消し去り、機密データが漏れるのを防ぎます。

SSDを含むATAディスクのセキュア消去(Secue Erase)に対応。
米国立標準技術研究所 NIST SP 800-88、 米陸軍準拠方式 AR380-19/米国防総省 DoD5220.2-M準拠方式による、完全な残留磁気消去を実現しました。
数多くのディスクを消去してきた「ピーマンPRO」
「ピーマンPRO」は、2002年9月にVer1を発売を開始して以来、10年近くになります。 大手企業様グループから個人のお客様まで、「ピーマンFD」、「ピーマンPRO」合わせて1万本相当をお使いいただいております。 
消去台数に制限のないライセンスによって消去されたディスクは、その何倍にもなるはずです。 
※事業所/コーポレート/グループライセンスは、1ライセンス本数換算。
「ピーマンPRO」の特徴
企業内における「セキュリティポリシー」を実践する、トータルなディスクデータ消去ソフトです。

オペレーション、対応マシン、ログ管理など、企業内における運用を想定した数多くの機能を備えています。

●企業内で統一された消去方法の確立、システム部門からの消去プログラムの配布
統一された消去方式による消去を企業内で実行するために、消去プログラム配布時に方式を指定/固定することが可能です。 また、共有サーバー、イントラネット等での配布を容易にするため、コマンドラインによるパラメータ指定、配布用ActiveXコントロールを用意しています。
●事業所、コーポレートライセンスなど使いやすいライセンス
ライセンス本数の管理から解放される、事業所内/法人内コピーフリーな事業所ライセンス、コーポレートライセンスを用意。社内配布を容易にします。
※グループ企業ライセンスも用意
●幅広いディスクへの対応
デスクトップ、ノートPCで標準的な、PATA(PararelATA)、SATA(SerialATA)ディスクから、サーバー系で使用される、SCSI、SAS、FC(FiberChannel)、およびそのRAID構成ディスクまで、幅広く対応します。 また、広まりつつあるSSD等のセキュア消去(SecureErase)にも対応しています。
●高速、マルチタスクによる並行処理
Linuxベースのシステムにより、ディスクアクセスは非常に高速です。また、マルチタスク機能により、接続されている複数にディスクを同時並行に消去します。 非常に時間のかかる消去処理の時間を短縮します。
●セキュア消去(SecureErase)他、さまざまな消去方式に対応
1回―4回の消去方式に加え、SSD等では必須に近い、セキュア消去(SecureErase)に対応。 米陸軍準拠方式(AR380-19)、米国防総省基準(DoD5220.22-M)、米国立標準技術研究所(NIST SP 800-88)等に準拠した方法での、消去が可能です。 また、読込/書込エラー時には、セクタ単位で細かくリトライをし、より確実な消去を行うための制御を組み込んでいます。
●さまざな起動方法に対応
CD起動、USBメモリ起動、ハードディスク起動に対応。 最適な起動方法を選べます。
●改ざんチェックの可能なログ出力
消去記録として重要なログを、HDD、USBメモリ、FD等へ保存可能です。また、ログは扱いやすいテキスト形式ながら、チェックサムにより、改ざんのチェックを行うことができます。 
※マイナーアップグレード時に、ネットワークへのログ出力に対応予定


起動消去プログラム

「起動消去プログラム」は、HDD/CD-ROM/USBメモリから起動し、PCに接続されている、IDE/SATA/SCSI/SAS/RAIDディスクを消去します。(Linux使用)
SSD等の消去、代替処理されたセクタを消去可能な、セキュア消去(SecureErase)が実行可能です。
改ざんチェックの可能な実行ログは、消去したHDD、FDドライブ、USBメモリに保存できます。

●1回書き込み方式(00) 
●2回書き込み方式(ランダム,'00') 
●3回書き込み方式(ランダム'FF','00') (米陸軍準拠方式 AR380-19準拠) 
●4回書き込み方式('AA','55',ランダム,'00') (米国防総省 DoD5220.22-M準拠)
●セキュア消去1回(SecureErase)
●セキュア消去2回(SecureErase+通常の'00')
●セキュア消去3回(SecureErase+通常のランダム+通常の'00')
●消去/読込チェック 

●ディスクの代替処理セクタ数、HPAの状態、セキュア消去対応などの情報表示
●ユーティリティにおいて、ディスクのダンプ、セキュア消去テストなどが可能
  



Windows消去プログラム

システムドライブ(通常はC:)を除く、Windows上で認識されている、ドライブ(FD、MO、USBドライブ、IDE/SATA/SAS/SCSI/RAIDドライブなど)を、消去することができます。

●1回書き込み方式(00) 
●2回書き込み方式(ランダム,'00') 
●3回書き込み方式(ランダム'FF','00') (米陸軍準拠方式 AR380-19準拠) 
●4回書き込み方式('AA','55',ランダム,'00') (米国防総省 DoD5220.22-M準拠)
●消去/読込チェック 
●ドライブ単位、パーティション単位での消去が可能 
●消去レポート機能(改ざん防止チェックサム付) 

 
 
 「起動消去プログラム」の配布

Windows上で実行できる「起動環境作成プログラム」、インターネットエクスプロ―ラ上で実行出来る「ActiveX版、起動環境作成プログラム」を用意。
消去方法、表示画面などカスタマイズし、社内ユーザーにネットワークフォルダ、イントラネット等を介して配布できます。※配布には対応ライセンスが必要
企業内で統一した消去ポリシーの実現と共に、ユーザーの操作学習負担を軽減します。

●消去したいPC上で実行し、そのPCのハードディスクに組み込んで、HDD起動、消去が可能
●起動可能なCD-ROMイメージが作成可能
●起動可能なUSBメモリ(市販USBメモリを使用)が設定可能
 
ライセンス形態
1ライセンス・・・通常の1ライセンス
事業所ライセンス・・・事業所内でコピーフリーで使用可能
コーポレートライセンス・・・1法人内コピーフリーで使用可能
基本システム要件(Windows実行プログラム)
・以下のパソコンをご用意ください 本製品は、以下の環境で動作いたします。
・下記条件を満たしていても、動作しない場合もあります。あらかじめ評価版でテストの上、ご使用ください。

パソコン本体
WindowsXP/2003server/Vista/7/2008server(32bit/64bit)が動作しているPC
メモリ Windowsが動作するのに十分なこと
CD-ROMドライブ 製品がCD-ROMでのご提供の場合必要
CD-Rドライブ 起動用CDを作成する場合、オンラインダウンロードでの製品提供の場合必要。
ISO9660イメージを書き込めるCDライティングソフトが必要。
Windows7では標準で対応しているためライティングソフトは不要。
USBメモリ 実行用USBメモリを作成する場合に必要。 (32MB以上、32GB以下)
消去対象ドライブ Windows上で、認識できているもの。
PATA/SATA/SCSI/SAS/RAID, USB ,IEEE1394、iSCSIなど
MO、FD、メモリカードなど
2Tオーバーサイズに対応。
※ハードウェア、Windowsドライバ、Windowsでの2Tオーバーの認識が必要。
4096セクタサイズには未対応。
基本システム要件(起動消去プログラム)
・以下のパソコンをご用意ください 本製品は、以下の環境で動作いたします。
・下記条件を満たしていても、動作しない場合もあります。あらかじめ評価版でテストの上、ご使用ください。

パソコン本体
IBM PC/AT互換機(DOS/Vパソコン)
サーバー/デスクトップ/ノートタイプ
NEC9801、Macintosh、Sun等アーキテクチャが異なるものは不可
CPU インテル製CPU PentiumPRO以降
互換CPU
メモリ 32MB以上
キーボード PS/2タイプ、USBタイプ
マウス 不要
ディスプレイカード
/ディスプレイ
VGA(640x480)表示可能なもの
CD-ROMドライブ (CD-ROM起動時必要)
IDE/USB/SATA接続。
CD-ROM起動が可能なこと。
フロッピーディスク
ドライブ
(ログをFDに保存する場合)
内蔵/USB 1.44M(2HD)ドライブ。
USBメモリ (USBメモリ起動時)
32MB以上。
パソコン本体がUSBメモリ起動に対応していること。
(ログをUSBメモリに保存する場合)
ログの保存に必要な容量のもの。1ログあたり1KB以下。
ハードディスク
(消去対象)
IPATA(IDE)/SATA/SCSI/SAS/FC/RAID。
対応カードは弊社HPにてご確認ください。
2Tオーバーサイズに対応。
4096セクタサイズには未対応。
問合せ・詳細情報など
有限会社キララ21 http://www.kirala21.com
E-mail:

※評価版を用意しております。