ご利用ガイド

キーワード検索
カテゴリー
カテゴリー一覧
初めての方へ
体験版ダウンロード
ご利用ガイド
よくあるお問い合わせ
お支払い方法について
決済方法はクレジットカード
クレジットカードのお引き落としは1回払いのみなのでご注意ください。ご利用になれるカード会社はVISA 、MASTER 、JCB 、アメリカン・エキスプレスです。
AMIダウンロードでソフトを販売したいメーカー様はこちら
アルク英語学習ソフト
openCanvas 6
エアポート シミュレータ 【オーバーランド】
ホェア・エンジェルズ・クライ 【オーバーランド】
ファーミング シミュレーター 2009
スタジオギウ2012
リズソフト ゲーム特集
FREEJIA4
FREEJIA III 【DCC】
やりこみ系・同人サークル犬と猫
至極の3D麻雀 ボーナスパック 【イーフォルダ】
システムソフト・アルファー特集
名作RPG 【チャイルドドリーム】
イータイピング
m&Mホビースタジオ
メディアナビ 製品一覧ページ
トップ > ゲーム > RPG
パトルの軍事博物館2〜地震兵器の恐怖〜 【日本戦争ゲーム開発/武藤FP】

日本戦争ゲーム開発の看板タイトル、「パトルの軍事博物館」の新作がついに登場!
陸海空の兵器を集め、"震度2の大地震"で倒壊してしまった軍事博物館を復興せよ!

  • 販売価格:\4,320(税込)
  • ファイルサイズ:277,589
  • 販売元:日本戦争ゲーム開発/武藤FP
>>メーカーサイト
ダウンロード購入

パトルの軍事博物館2〜地震兵器の恐怖〜

日本戦争ゲーム開発の看板タイトル、「パトルの軍事博物館」の新作が
ついに登場!
陸海空の兵器を集め、"震度2の大地震"で倒壊してしまった軍事博物館
を復興せよ!



-------------------パトルの軍事博物館とは--------------------
軍事博物館の館長として、世界中の兵器を集めながら冒険する
ミリタリーRPG。
特濃のミリタリー要素、RPGとしての面白さ、圧倒的ボリュームの
史実解説、自由度の高さ、そして不謹慎。
カルト的な人気を誇り、これを遊んだ事がきかっけでミリタリーマニアに
なった人もいるほど。


パトルの軍事博物館2はその第二弾。
前作を遊んだことがある人もない人も、ミリタリーファンの方も、
これから兵器に詳しくなりたい方も、この空前絶後のゲームをご
賞味あれ。



------------------------本作の特徴--------------------------
●軍事博物館を経営!
兵器を集めるほど収益アップ!
職員を雇い、経営政策を実行!
クエストを攻略し、同盟博物館との仲を深めよ!


●集めた兵器で戦え!
実在の戦車、航空機、軍艦が300種類以上登場!
兵器のステータスは史実を元に設定!
距離や高度の概念がある戦闘システム!
倒した敵兵器を鹵獲して自分のものに!


●世界を股にかけろ!
集めた兵器で、世界中を冒険!
高い自由度。どこに行くかは貴方次第!
現実世界を再現した巨大な航海フィールド
行く先々で個性的なイベントが発生!


●軍事に詳しくなれる!?
兵器を集めると写真と解説が見られる!
軍艦の歴史や、様々な豆知識などを収録。ミリタリーに詳しくなれる!
解説は15万字以上、写真は300枚以上収録!


●前作「パトルの軍事博物館」からパワーアップ!
登場兵器数が約1.5倍!
海戦を大幅に拡張!
電子戦と艦載の再現により、戦闘が本格的に!
快適で分かりやすいシステム&インターフェイス
ドット絵とイラストを中心にグラフィックを改良
博物館経営を一新!
前作から兵器図鑑を引き継ぎ可能!


●日本戦争ゲーム開発史上最大の作品
最多の登場兵器
最多かつ過激な不謹慎ネタ
ゲームボリュームも最大
ボリュームに合わせて、参加したテストプレイヤーも最大(24名)
作者単独でも製作時間は2200時間以上


※製品版を購入する前に、出来る限り体験版で動作確認を
お願いします。
高価なゲームなので肌に合うかも是非確認してみてください。
そして体験版もかなりのボリュームがあるので、是非楽しん
でいってください!

------------------------動作スペック-------------------------
Windows 2000 ME XP Vista、7、8

以下のパソコンで正常に 動作する事を確認しています。
OS:Windows XP Professional 32-bit SP3
CPU:Intel Pentium E2140 @
1.60GHzConroe 65nm テクノロジ
メモリ:2G

-------------------------公式サイト--------------------------
日本戦争ゲーム開発
http://wargame.jp/main/pmm2/index.htm